それがDVかもしれない!DV夫の特徴

Posted by officemachinemanuals - 2018年2月14日

愛の裏返しか

DVはどこからがDVなのでしょうか。実は自分が気づいていなだけでDVは始まっているかもしれません。結婚した当初とは長年一緒にいると変わってくる人もいますが、その変わり方をよく見ていないとその先にDVに発展する事があります。普段からヤキモチやきな夫だと思っていたら、仕事も禁止、友達との食事も禁止など妻が外出する事を嫌がるようになります。それが、自分が愛されていると思うのは大間違いです。

それがエスカレートすることでDVにつながっていきます。ちょっとした事ですぐ怒り出すことも特徴で、身に覚えのない事で先走りしたり、ヤキモチをやいて怒り出したり、普段の生活でも短気な性格をもっている人はDVになりやすいです。

DVをする人は普段は優しい事もあり、我慢してしまう人も多いですが、その喜怒哀楽の上がり下がりが激しい性格の人には注意が必要です。自分は働きにも出してもらえないのに「俺が働いた金で生活している」というようなモラハラ発言をする人もいます。

監視をしたい

目の届くところでお金も行動も監視したいという気持ちが大きいのです。お金の管理を妻にまかせない、自分の収入を隠しているなどの行為がある場合は注意してください。このお金の話から繋がるのがギャンブルです。自分自身でお金を管理し、自由なお金を持っているのでそれをギャンブルにつぎ込みます。

それがエスカレートすると、生活費を削りだし、生活が苦しくなります。妻は働きにも出したくないけれど、お金の管理もしっかりできない人は注意が必要です。DV夫は外ではとても良い夫を演じています。仮に演じているものではなくてもそのストレスが家庭で発散されている場合もあります。そのストレスの反動で家庭で一番上に立ち妻を虐げようとする傾向があります。

外面が良い夫なので、周りにDVの事を相談しても「そんな事する人だと思えない」と事実の発見が遅くなる事もあります。一番良くないのは、自分自身が夫の気にさわる事をしてしまった、ホントはとってもいい人なのにと自分を責めてしまうことです。自分で判断できない場合には周囲に相談すると第三者の目で助言してくれるでしょう。そして自分の目で見極める力を付ける事も重要です。

大変なことになる前に早く離婚を決意するか弁護士にでも相談したほうが良い、かしこく得策だということでしょう。

In:
Comments are Closed on this Post.