不倫や浮気。どこからが不貞行為にあたるといえるのだろう

Posted by officemachinemanuals - 2018年2月14日

そもそも不貞行為とは何だろう

結婚は、これから生活をともにしていきたい人と法律的に結ばれる行為ですが、ある程度一緒に生活をしていると、結婚生活を続けていくことができないような状態になることもあります。そのようなときには、法律的な結びつきを解消すること、つまりは離婚について検討することが一つの選択肢となります。

しかし、結婚は法律的な手続きですから、それを自由に解消できるわけではなく、正当な理由が必要になります。その理由のひとつが不貞行為と呼ばれるものです。不貞行為そのものは道徳的な観念ですから、明確に定義することは簡単ではありません。一方で、結婚を継続しがたい状況になるということは、それに応じた出来事などが存在するはずなので、その出来事が不貞行為に該当するのか、具体的に検討することが必要になります。

では、結婚を継続しがたい状況というものはどういうものでしょうか。これは個人的な感情から受け入れられないというだけではなく、一般多くの人にとって受け入れ難いことである必要があります。つまり結婚生活と矛盾するような行動を、婚姻関係にある一方がとるということです。

性的な関係が重要か

まず考えられるのは、婚姻生活とは一つの世帯を形成していることであるといえるため、一方が、現在の婚姻関係にある世帯とは別に家族関係に似た集団生活をしていることがあげられます。これは簡単に言うと、他にも家を持って、配偶者や子供のような関係の人物との生活を形成しているということです。現在の法律では、婚姻関係の重複は認められていないので、このような状況は、結婚生活を継続しがたいといえます。

次に、結婚生活が性的な結びつきを含んでいるということです。このことから、一方が現在の結婚相手とは別の相手と性的な関係を持つことがあげられます。しかし、性的な結びつきはその地域や時代の文化とも深く関係しています。異性同士が二人きりでいること自体を禁じる文化もあるかもしれませんが、一般的には、結婚相手以外の異性とのキスやハグ以上の関係を結ぶことは、結婚生活を継続しがたいと言う事が出来ます。

こういった行為は人を傷つけ争いを生むだけで悲しいことです。弁護士に依頼して慰謝料を獲得するぞなんてことになるともう泥沼です。

In:
Comments are Closed on this Post.